ホーム > 発行図書 > NPMによる公共建築の経営戦略
出版図書のご案内(NPMによる公共建築の経営戦略)
NPMによる公共建築の経営戦略

編集・発行/一般財団法人建築保全センター
発売/株式会社大成出版社

 長い経済低迷の中でスクラップ&ビルドはもちろん新規プロジェクトの実施が厳しく抑制され、既存建築物の長寿命化と有効利用が課題となっています。
 こうした状況を踏まえ、建築保全センターではストックマネジメントの研究を重ね、経営的な視点から最大限に建築物を活用する方策を探ってきました。
 その中で、1980年代半ばから欧米諸国で取り上げられたNPM=ニューパブリックマネジメント理論に注目しました。これは民間企業における経営理念や手法によって行政の効率化を図るものです。
 本書は、この理論に基づいて経営戦略としてどのように公共建築に関わっていくべきか、考え方と事例、評価項目とその手法、今後のあり方を多くの図表やデータを用いて解説したものです。

平成15年発行  A4判・183頁  本体4,286円+税
目次
刊行にあたって
プロローグ
第1章 公共建築への新たな視点(1.曲がり角にきた公共建築[1.1.変化する社会、変化する公共サービスへのニーズ、1.2.フローからストックへ、長寿命建物への要求、1.3.求められる経営的な視点]、2.ニュー・パブリック・マネジメント(NPM)の潮流[2.1.ニュー・パブリック・マネジメントとは、2.2.アカウンタビリティの重要性、2.3.公共建築の評価と住民への情報公開)
第2章 公共建築の維持・運営の実態と変化(1.公共建築の維持・運営状況[1.1.公共建築のストックの現状、1.2.公共建築の維持管理の実態、1.3.公共建築の維持・運営上の問題点と課題]、2.公共建築へのNPM概念の導入[2.1.公共建築、現実とのはざまで、2.2.問題解決に有効なNPMの概念])
第3章 施設運営の先進的事例(1.経営の視点、2.財務の視点、3.不動産の視点、4.施設管理の視点、5.業績評価の視点、6.環境・安全・危機管理の視点、7.法務の視点、8.説明責任の視点)
第4章 新たな戦略的施設経営の視点設定に向けて(1.経営の視点[1.1.経営の視点とは、1.2.経営の視点の考え方]、2.財務の視点[2.1.財務の視点とは、2.2.財務の視点の考え方]、3.不動産の視点[3.1不動産の視点とは、3.2.不動産の視点の考え方]、4.施設管理の視点[4.1.施設管理の視点とは、4.2.施設管理の視点の考え方]、5.業績評価の視点[5.1.業績評価の視点とは、5.2.業績評価の視点の考え方]、6.環境・安全・危機管理の視点[6.1.環境・安全・危機管理の視点とは、6.2.環境・安全・危機管理の視点の考え方]、7.法務の視点[7.1.法務の視点とは、7.2.法務の視点の考え方]、8.説明責任の視点[8.1.説明責任の視点とは、8.2.説明責任の視点の考え方])
第5章 NPMによる公共建築の経営戦略導入に向けて(1.NPMによる経営戦略の確率[1.1.基本概念、1.2.経営戦略の確率]、2.NPMによる公共建築経営の評価手法[2.1.これからの公共建築経営に求められる評価手法、2.2.評価の項目]、3.アニュアルレポートの作成[3.1.アニュアルレポートの重要性、3.2.アニュアルレポートの内容]、4.これからの公共建築経営に向けて[4.1.改革のための自己診断、4.2.アニュアルレポート作成支援システムの提案])
エピローグ
あとがき
お申込み方法
 ご注文は各販売所又は一般財団法人 建築保全センターにて承ります。FAX(03-3553-6767) 又はお申込み入力フォームよりお申し込みください。
 ●図書は宅配便で請求書(代金・送料(税込))を同封してお送りします。お支払いは郵便振込にてお願いします。
  個人でのご購入の方は、請求書と振込用紙をお送りしますのでご入金をお願いします。ご入金確認後宅配便にてお送りします。
 ●ご購入金額3,000円(税込)以上は送料無料といたします。
 
図書購入申込書(FAX送信用)       →図書購入お申込み入力フォーム
 
【お問合せ先のご注意】
当センターから平成19年以前発行の書籍の奥付には当センターの旧住所・電話番号が記載されているものとなりますので、お問合せ等の際にはお間違えのないようにご注意ください。
このページのトップ