「令和2年度 建築改修技術講習会」
「建築物の長寿命化を図る建築改修工事技術」
WEB講習会開催のご案内

■ 建築改修技術講習会開催趣旨 ■

 我が国の公共建築物の総量は、約 7 億 1 千万屬傍擇屬噺世錣譴討い泙后このうち約半分が完成から 30 年を超えており、これら建築物をより長く大切に使うことが求められています。このような状況の中で平成 25 年 11 月には政府の「インフラ長寿命化基本計画」が策定され、国及び地方公共団体は所有する公共施設について、個別施設計画を策定し、適切な点検・診断、修繕・更新等により、長寿命化の行動を推進しています。
 また、将来の人口減少が見込まれ、必要な建物需要が変化する可能性があることから建築物の長寿命化においては、必要に応じて、劣化回復、機能転換・用途変更、複合化・集約化、耐震化等のための改修を行うことが求められています。
 すなわち、建築も都市も「新しくつくること」から「賢く使うこと」への転換が求められております。この様な状況を踏まえ、当法人では、平成 21 年より「建築改修技術講習会」を開催し、関係する技術や基準等の普及に努めています。
 今年度の講習会では「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)」(平成 31 年版)及び「建築改修工事監理指針」(令和元年版)をテキストとして、改修工事技術について、技術の要点と改定点を総合的に解説いたします。また、「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)」及び「建築改修工事監理指針」は、我が国で最初の改修工事に関する仕様書、指針であり、官公庁施設のみならず、一般の建築物にも広く活用できるものとなっております。
 既存ストックの有効活用が強く求められている今日、公共建築のみならず、一般の建築改修工事においても本書を活用していただき、適正な工事が図られますよう、関係者の皆様方にご理解いただき、また、この講習会が公共建築の利用価値を高め、既存のストックの有効活用を図るうえで、多くの方々にご参加されますようご案内いたします。

一般財団法人建築保全センター
理事長 奥田 修一

主    催 一般財団法人 建築保全センター
後    援 国  土  交  通  省
(予定)
一般社団法人 公共建築協会
一般財団法人 建築コスト管理システム研究所
協賛協力団体
(一社)カーテンウォール・防火開口部協会
(一社)全国タイル業協会
全国ビルリフォーム工事業協同組合
日本外壁仕上業協同組合連合会
日本建築仕上材工業会
(公社)日本建築積算協会
(一社)日本サッシ協会
(一社)日本塗装工業会
(公社)ロングライフビル推進協会
(一社)建築改装協会
(一社)全国中小建設業協会
(一社)全国防水工事業協会
(一社)日本建設業連合会
(公社)日本建築士会連合会
(一社)日本建築板金協会
日本樹脂施工協同組合
(一社)日本ビルヂング協会連合会
(一社)全国建設業協会
(公社)全国ビルメンテナンス協会
低圧樹脂注入工法協議会
(一社)日本建築あと施工アンカー協会
(一社)日本建築士事務所協会連合会
(一社)日本左官業組合連合会
(一社)日本タイル煉瓦工事工業会
(公社)日本ファシリティマネジメント協会

WEB講習日程

■開催日時 配 信 日:12月15日(火)、12月16日(水)、12月17日(木)、12月18日(金)
配信時間:各日共 9:50〜16:05
■募集人員 各日ともに100名程度
■受講方法 あらかじめ録音録画したものをZoomで配信します。録画は事前に会議室で撮り、編集したものをZoomのウェビナーで配信する予定です。「Zoom配信」について、事務局からの指定アドレスで聴視できるので「受信ソフト」は特に必要ございません。

■ 講習会プログラム

時 間 項 目
9:50〜9:55 ガイダンス
9:55〜10:00 開会挨拶
10:00〜12:00 1章〜4章(監理指針と標準仕様書)
一般共通、仮設、防水改修、外壁改修
12:00〜13:00 休 憩
13:00〜15:00 5章〜7章、9章(監理指針と標準仕様書)
建具改修、内装改修、塗装改修、環境配慮改修
15:00〜15:10 休 憩
15:10〜16:00 8章(監理指針と標準仕様書)
耐震改修
16:00〜16:05 事務連絡

○この講習会では「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)(平成 31 年版)」、「建築改修工事監理指針(令和元年版)(上巻)」「建築改修工事監理指針(令和元年版)(下巻)」と、受講用テキスト(受講者に送付)を使用します。
○この講習会は、継続能力/職能開発研修に参加しようとする建築士、建築設備士及び建築施工管理技士の「建築CPD情報提供制度」のプログラムに認定(予定)されています。また、国土交通省後援講習会として「営繕業務関係特別認定講習会」(ポイント加算対象)にも認定(予定)されています。
〇この研修は、「認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格者」の「更新講習B方式ポイント対象セミナー」に認定(予定)されています。

■受講料

会員 8,000円(レジメ・資料、消費税等を含む。)
非会員 9,000円(レジメ・資料、消費税等を含む。)

納付された受講料は、特別な理由(事故、入院等)以外は原則として返金いたしません。

※会員とは、以下の公共機関、団体の会員をいいます。

・(一財)建築保全センター賛助会員
・後援、協賛団体の会員
・国・地方公共団体、公的機関の職員
・建築仕上げ改修施工管理技術者

■テキスト

 峺共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)(平成31年版)」国土交通省大臣官房官庁営繕部監修

受講者特別価格 4,900円(税込み)

◆峽築改修工事監理指針(令和元年版)(上巻)」国土交通省大臣官房官庁営繕部監修

受講者特別価格 7,500円(税込み)

「建築改修工事監理指針(令和元年版)(下巻)」国土交通省大臣官房官庁営繕部監修

受講者特別価格 6,700円(税込み)

■申込方法

(※申込後、受講受付票を送信いたします)

⇒当財団のホームページ(https://www.bmmc.or.jp/)から申し込む場合
以下の参加申込フォームに必要事項を記入し、送信してください。

⇒FAXで申し込む場合
こちらの申込書をダウンロードし、
「ゞ侈垣茵⊇蚕蝓電話番号、FAX番号」、「∋臆端垰疚勝柄完)、所属」、「E-mailアドレス」、「CPD登録番号、CFMJ登録番号」、「ゥ謄スト購入の有無」、「受講種別(会員、非会員)」「В廝釘打杰参加日」等必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。

※お申込みを受け付けましたら
‥佻燭離瓠璽襯▲疋譽垢法崟禅甞曄廖嵜狭口座」等送信します。
△監金確認後、登録メールアドレス宛に「受講アドレス」を送信します。
WEB配信参加日、時間になりましたら受信、聴講してください。
・メールアドレス記載のない場合は、WEB 配信に参加できません。
・お申込みのテキストとレジメ・資料は、入金確認後、参加者に送付いたします。

■申込締切 各WEB配信募集人数員になり次第、又は12月1日で締め切らさせていただきます。
■申込先 お問合せ 一般財団法人建築保全センター
【お問合せ】
〒104-0033 東京都中央区新川1-24-8
TEL 03-3553-0070 FAX 03-3553-6767
E-mail:kousyukai@bmmc.or.jp 担当:影山、押切
このページのトップ
お申込み入力フォーム

以下の内容をご記入の上、「確認する」ボタンを押してください。
個人情報保護方針に則りご記入の情報をお取り扱い致します。

勤務先
住所

  

市区町村名、丁目、番地  例)中央区新川1-24-8

建物名  例)東熱新川ビル 7F

電話番号
(連絡先)
FAX番号
参加者氏名 フリガナ (カタカナ) 所属 会員別 申込区分 金額

メールアドレス
CPD登録番号
CFMJ登録番号
WEB配信参加日

  • 「テキスト共」を選択した場合、
    必要なテキストをチェックしてください。
  • 仝共建築改修工事標準仕様書(建築工事編) (平成31年版)
  • 建築改修工事監理指針(令和元年版) (上巻)
  • 7築改修工事監理指針(令和元年版) (下巻)

メールアドレス
CPD登録番号
CFMJ登録番号
WEB配信参加日

  • 「テキスト共」を選択した場合、
    必要なテキストをチェックしてください。
  • 仝共建築改修工事標準仕様書(建築工事編) (平成31年版)
  • 建築改修工事監理指針(令和元年版) (上巻)
  • 7築改修工事監理指針(令和元年版) (下巻)

メールアドレス
CPD登録番号
CFMJ登録番号
WEB配信参加日

  • 「テキスト共」を選択した場合、
    必要なテキストをチェックしてください。
  • 仝共建築改修工事標準仕様書(建築工事編) (平成31年版)
  • 建築改修工事監理指針(令和元年版) (上巻)
  • 7築改修工事監理指針(令和元年版) (下巻)
※3名まで入力できます 請求書

合計金額

備考 ※ご請求先など、上記連絡先以外で、特別なご要望ある場合、ご記入ください

このページのトップ